FC2ブログ

[--/--/--]
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 | ページトップヘ

[2012/07/20]
自炊に役立つ料理教室 14回目 元すし職人がにぎる玉子寿司

 7月20日(金)の料理教室。今月はみんな忙しくてボランティア間の事前連絡がうまくいかず、準備がちゃんとできませんでした。村長が前日の夜中に買い出しに行ってくれました。ありがとうございます。献立も当日の朝、調理室にやって来た人たちと材料を見ながら決めました。

・ひき肉とナスの甘辛煮
・玉子とピーマンのみそ炒め&塩炒め
・もやしとキュウリのサラダ
・玉子寿司
・焼きナス
・そうめん

 薬物依存症リハビリ施設「富山ダルク」のメンバーが今月はお休み。いつもボランティアに来て料理の腕を発揮してくれるのですが、今月はその分の戦力が期待できません。ボチボチ集まった人たちで、調理の分担を決めました。
 無料法律相談に来てくれている司法書士や弁護士の人たちも一緒に調理に参加してもらっています。料理上手の主婦とペアで、ひき肉とナスの甘辛煮を担当。

2012年7月20日調理風景1
 玉子とピーマンの炒めものは、みそ味と塩味の2種類。フライパンを振るおじさん、なかなかいい腕前じゃないですか。あとで話をすると、お祭りなんかで露天の仕事をしているそうです。「なんでも作れないと仕事来ないよ」と言ってました。イカ焼きとかタコ焼きとか作ってるんでしょうか。

2012年7月20日調理風景2
2012年7月20日調理風景3
 玉子寿司の担当は、昔お寿司屋さんをやっていたというおじさん。卵を片手で割るところが職人っぽい。ホットプレートで焼いた薄焼き卵(薄焼きにしては厚めかも)を短冊に切ってありますね。一体どんなできあがりになるのか見当がつきません。厚焼き卵のにぎりでもなさそうだし。茶巾包みでもなさそうだし。錦糸卵を上に散らすのでもなさそうだし。う〜ん?
 炊飯器で炊き上がったご飯に市販のすし酢を混ぜてもらいました。職人に市販のすし酢を使わせるなんて! 失礼しました。
 さて、いよいよにぎりです。すし酢を混ぜた水で手をぬらして熱々のご飯をにぎります。でかいです。「にぎり寿司」じゃなくて「にぎりめし」ですね〜。俵型の酢めしに短冊の卵焼きを巻いて、玉子寿司のできあがり〜。
 熱々のご飯をにぎっていたので、手のひらが真っ赤になったと、食事しながらおじさんが言ってました。お疲れさまでした。にぎりは熱々のご飯じゃないですもんね。昔、お寿司屋さんの仕事をしていた頃は一日に炊飯器何杯分ものご飯をにぎっていたそうです。

2012年7月20日調理風景4
2012年7月20日調理風景5
2012年7月20日調理風景6
2012年7月20日調理風景7
2012年7月20日調理風景8
2012年7月20日調理風景9
 夏らしく冷たいそうめんも作りました。ボランティアが、昆布としいたけで出汁をとったそうめんつゆを作ってきてくれました。出汁に使った昆布としいたけもいい味がしみていたので、薄切りにして添えました。

2012年7月20日調理風景10
 夏野菜たっぷりの料理がいろいろできあがりました。冷たいそうめん、お酢の効いた玉子寿司(おにぎり?)、とってもおいしかったです。

2012年7月20日料理1
2012年7月20日料理2
2012年7月20日料理3
 食事中、ボランティアの女性が「私、この前デイケアセンターで黒田節を披露したのよ!」と発言したところ、「なら、今日もやってくださいよ!」という声が出て突然、歌の余興が始まりました。小さな体からは想像できない張りのある堂々とした黒田節でした。ちなみに、隣の男性が踊っているのはでたらめです(笑)。

2012年7月20日食事風景
 今月も「フードバンクとやま」から、お菓子をいただきました。ありがとうございます。

 実はこの日の料理教室のあと、ボランティアでちょっと話し合いがもたれました。あったか相談村の存続についてです。この活動はボランティア一人一人の自主性によって続いてきました。みんなそれぞれ仕事やほかの活動をもっているので、時間のやり繰りが大変だったり誰かに負担が偏ったりもしがちです。以前もらった助成金も残りわずかとなってきました。事務所をもたないため、料理教室で使う道具や食料などの保管場所にも苦慮しています。
 おじさんたちも調理や後片付けに積極的に参加してくれるようになり、みんなで食卓を囲むひとときも心の居場所づくりになってきた感じです。司法書士や弁護士の参加も得られ、少しずつですがホームレス支援のネットワークができつつあるときなので、ここでこの活動がなくなってしまうのはもったいないことです。ボランティア活動を長く続けるということは本当に大変なことです。話し合いは次回に持ち越されました。

 こんな感じで月に1回、路上生活者や生活困窮者の人達と一緒に料理を作って食べています。ボランティアは主婦や大学生、薬物依存症リハビリ中の男性達。司法書士と弁護士が無料法律相談にのっています。お気軽にご参加ください。次回は8月19日(日)詳しくはHPで。
 お米や野菜や保存食品などのカンパ、ボランティア参加者もお待ちしています。ご連絡はメールフォームから。今度はこんな料理を作ってみたい、食べた〜いというリクエストがあれば、下のコメント欄にお寄せください。
スポンサーサイト

炊き出し・料理教室 | Comment 0│22時頃 | ページトップヘ

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

| main |

プロフィール

あったか相談村

Author:あったか相談村
あったか相談村について知りたい方はホームページもご覧ください。
あったか相談村HPへ

お知らせ

あったか相談村の活動は3月で終わります。長い間ありがとうございました。
新しく「小さな泉の村」が料理教室を引き継いでくれることになりました。
次回の料理教室は
5月14日(土)

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。