FC2ブログ

[--/--/--]
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 | ページトップヘ

[2012/02/15]
困ってる人を支援するは、言うは易く行うは難し(2)

[第2ラウンド](翌日)
朝、ハローワークでおじさんと待ち合わせ。
 パソコンで検索した求人票を何枚かプリントしてから、担当相談員と面談。相談員から「一年ぶりだなぁ。どうしてた?」と言われた。え〜っ、そうなの? おじさん、市役所に就労活動の報告書出してたって言ってたよね?
 おじさんなりの就労活動はしていたらしい。週2回発行される新着求人情報をハローワークの入り口に取りに行っていたが、「(本人いわく)行きづらくて」相談員には会わずに帰っていたという。市役所が求める就労活動は、定期的に相談員に会って活動証明書をもらって市役所に活動内容を報告すること。仕事が見つからなくても努力していることを示せばいいだけなのに、相談員のところにも市役所にも「行きづらく」なってしまうのだろうか。
 おじさんは調理師の免許や警備の資格を持っているが、相談員から「調理は体力勝負だから求められるのは若い人。警備も、最近は車の免許や保証人が必要だったりするからねぇ」と言われる。相談員にどんな仕事がしたいか聞かれ「友達がやっとったがだけど、市役所の駐輪場の仕事」と答えるおじさん。「その仕事はいまはないからねぇ」と相談員。就職が厳しいことは相談員もわかっているようだ。相談員はやさしそうな人なのに、どうして「行きづらく」なるのだろう。登録カードを新しくしてもらい、それを見せに市役所に行くことにした。

市社会福祉課へ
 窓口でハローワークに行ってきたことを伝えたが、今日も申請できない。あらためて申請・面接の日取りが提示された。申請日までまだ2、3日あったが、布団とか食料についておじさんがむにゃむにゃ曖昧な返事をしたので、担当者は大丈夫と解釈した。そして、「当日は朝ハローワークに行って相談員に会ってからここに来て。何にもできない人じゃないんだから、付き添いなくても一人で来れるでしょ」とおじさんに自立を促した。

 別れ際、おじさんに「一人で行けますか?」と聞くと「はい」と答えたし、私にもおじさんが何もできない人には思えなかったので、付き添いはしないことにした。
 ところが、前日同行してもらった市議に経過報告したところ、「つなぎ資金のこともあるし申請までは同行したほうがいいです。私行きますから」と言われ、私も同行することにした。「行きづらさ」を抱えたおじさんのこと、一人だともしかしてまた行きづらくなるかも。「同行者がいるから絶対来てね」と伝えなければと思ったが、おじさんは電話を持っていない。目星をつけて車を走らせながら、ここまで世話を焼くべきなのかと思った。運良くおじさんを見つけ、必ず来るように念を押して別れた。
 それから私は遅いランチを食べた。おじさんはどこで何を食べるのか、食べるものはあるのか。電気のない部屋にはまだ住んでないのか。果たして私はそこまで関わるべきなのか。気にはなるが二の足を踏んでしまう。ごめんなさい。(つづく)
スポンサーサイト

炊き出し・料理教室以外 | Comment 0│01時頃 | ページトップヘ

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

| main |

プロフィール

あったか相談村

Author:あったか相談村
あったか相談村について知りたい方はホームページもご覧ください。
あったか相談村HPへ

お知らせ

あったか相談村の活動は3月で終わります。長い間ありがとうございました。
新しく「小さな泉の村」が料理教室を引き継いでくれることになりました。
次回の料理教室は
5月14日(土)

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。